Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中学受験が終わったら・・入学後の進路はどう変化する?

学習習慣を身につける中学受験で志望校を決める大きな決め手、それは将来の進路についてではないでしょうか。何のために小学校から毎日勉強して、受験をするのか?それを考えた場合、一番の理由が「ある程度の学歴を確実に身に付けられるから・・」という事ではないでしょうか。

日本は非常に学歴重視の傾向が強いです。より確実に、より安全に・・というのが保護者の願いでもあると思います。そこで気になるのが、入学後の進路です。これを基準に志望校選びが絞り込まれて行きます。

私立の中高一貫校
高校受験はなく、大学が併設されている場合には大学まで内部進学で進む事ができます。ただし、全く無試験で全員がエスカレーター式で進学できるわけではありませんよ。統一テストや学校の成績によって選抜されますし、赤点ばかりですと、夏休みなどの補講、追試などある一定レベルに達するまで拘束されます。

また、系列大学以外の他大学への進学も希望すれば可能ですし、推薦枠を持っている事もあります。もちろん、一般受験も可能です。超難関校の場合、大学が併設されていない事もあります。中学一年の時から、国立大学入学を目指して受験体制に合わせたカリキュラムが組まれ、6年間かけて大学入試に向けた取り組みが行われる学校もあります。

公立の中高一貫校
私立の中高一貫校と同じように、高校受験の必要はありませんが、大学が併設されていないので、大学進学は受験が必要です。 入学当初から大学の進学を意識して勉強に取り組みます。もちろん、大学進学以外の進路に進む子どもも少なくはありません。

国立付属中学校
高校受験では、併設校がある場合は併設校へ進学、併設校がない場合は受験が必要です。ただ、併設校があっても、私立のように完全な内部進学形式を取っていない学校もあります。

外部入学者よりは合否点数は下げられますが、同じ試験を受ける事が義務付けられている所もあります。うかうかとしていられないですね。大学受験では、国立付属校の出身であっても関係無く、大学受験が必要です。(センター試験となります。)

中学校のみ
余り数は多くはありませんが、高校や大学が併設されていないところもあります。高校進学も大学進学も、一般の受験者同様に受験することになります。何のためにわざわざ受験をするのだろう・・?と思われるかもしれませんが、入学時から受験を意識して学習をする事になりますので、レベルの高い学習を受ける事もできます。

こうやって見ると、様々なタイプがあります。どのタイプがご家庭の方針やお子さん自身に合っているのかを十分な情報と共に見極め、十分に話し合うことが大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ