Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

引越しで忘れやすい住民票の異動手続き

住民票の変更引越しには様々な手続きが必要になってきますが、まず、忘れずにチェックして欲しいのが「転出・転入の手続き」なんですね。まあ、住んでいる場所が変わるわけですから、住民票などの記載の変更も必要になってくるんですね。ただ、厄介な事にこの転出・転入の届け出は申請出来る期間が決まっているんです。

転出手続きは引越しの14日前

転入手続きは引越してから14日以内
まあ、「引越しの前後2週間以内」と思って頂けたら良いのですが、何かと雑事に追われ、また、いろいろな準備が忙しくなる引越しです。「ついうっかり・・」なんて事もありますから、出来るだけ早い目に手続きを終わらせるようにして下さいね。

でも、いくら「早く終わらせたいから・・」と思っても、この期間内でしか手続きが出来ない事もありますので、スケジューリングをしっかりとするようにして下さい。ぎりぎりになってから手続きの準備をするのは大変ですよ。余計なイライラの原因を増やさないためにも、引越しの1週間前後には終わらせておいて下さいね。では、この手続きについて簡単にご説明します。

転出届
市区町村役場で手続きを行います。必要な物は「身分証明書・印鑑・国民健康保険証」です。転出する本人か世帯主、または代理人が行います。この代理人には委任状が必要になります。市役所で初めて気づいてまた家に戻って・・としているとどんどん時間が立ってしまいますよ。早めに市役所で委任状の書類を貰っておいて下さいね。

事情によってどうしても引越し前に転出届けを出すことができない事もあります。そういった場合には、引越し後14日以内に手続きを行う事ができますが、すぐに転入届けを出さなければならないので非常にあわただしくなってしまいます。また、同一市区町村内で引っ越しをする場合は、転出届けではなく転居届けが必要です。

転入届
転出届けの手続きをした時に「転出証明書」が発行されます。この転出証明書を引越し先の市区町村役場に持って行き、転入手続きを行います。転出証明書を無くしてしまうと、再発行など時間がかかってしまいます。

なくさないようにしっかりと保管しておいて下さい。この転出・転入手続きは14日が申請期間となっています。これを過ぎてしまうと、過料を請求されてしまうこともあるので、必ず早めに手続きをするようにして下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ