Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

収入も安定!将来設計も確実!公認会計士の資格はかなりおススメ!

会計監査が基本的な業務公認会計士と税理士、何がちがうの?似ているようなこの2つの資格、でも、実は大きな違いが!!それは収入の差!

公認会計士の資格を所持していると、経理や財務、会計監査においての知識があると認められ、就職に困ることはまずありません!!しかも独占業務でもあるため、公認会計士の仕事がなくなることもまずあり得ませんよ。

・・そもそも何がそんなにおススメかというと・・、私の経験談になりますが、私の祖父が亡くなった時、相続税問題がかなり深刻になってしまったんですね。

というのも、祖父は田舎の地主の長男だったため「山」などを相続していたんです。でも、これといった相続制対策もしないまま亡くなってしまったので父にかなりの負担がかかってしまい・・。その時、最初は税理士さんに相談していたのですが税務署からの監査が入ることになったため、公認会計士さんに相談することになりました。

まあ、結果は問題なく「想定内」の範囲で落ち着きよかったのですが、驚いたのが公認会計士さんに支払った「相談料」!税理士さんに支払ったものの数倍はありました!数日間、相談に乗ってもらって書類を作ってもらっただけなのに・・と今でもその驚きが印象に残っているくらいです。だから、公認会計士はおススメなんですね~。

さて、資格の種類は国家資格になり、受験手数料は19,500円です。 試験方法はマークシート方式となる短答式試験で財務会計論、管理会計論、監査論及び企業法についての試験が行われます。 短答式試験合格者、または免除された人は筆記による論文式試験に進めます。

科目は会計学、監査論、企業法、租税法及び選択科目です。実は、公認会計士資格試験は数年前まで受験資格が定められていました。でも、現在は何も定められていないので、希望者は全て受験することができますよ。

ただ、ここで注意です。公認会計士の資格試験に合格してもすぐに公認会計士として登録される事にはなりません。資格試験に合格し、更に2年間の実務経験と実務補修を受け、内閣総理大臣(!)の確認を受けなければならないんです。

まさに一生モノの資格ですね。でも、苦労して取得するだけの実益は保証されています。安定した収入を確実に約束してくれる資格ですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ