Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

空席がある格安航空券について詳しく知りたい!

出発日が近づくほど値上がり遠く離れた実家に帰省したり、旅行や出張などで遠隔地に行く方は飛行機を良く利用されると思います。でも、飛行機は便利ですが、新幹線よりも高いのがネック。

私も主人の実家がある山形に年に2回ほど関西から里帰りしていますが、子どもの飛行機代も合わせるとかなりの費用です。

かといって新幹線では6時間の長旅で、いつも苦しい選択をしています。(最近ではゆっくりとゲームができる新幹線の方が良い!という子どもの意見に合わせて新幹線をメインで利用していますが・・)

新幹線などでも購入方法によって割引が付いたりするように、飛行機にも高いチケットと安いチケットがあります。高いチケットというのは正規ルートというとヘンな言い回しですが、普通に航空券を購入する場合のチケットです。反対に安いチケットというのは早割など様々なツールを利用して購入するチケットの事です。

早い目に予定を組んで航空会社のサービスを利用したり、他社の航空券と比較、購入する時間帯や時期を工夫することで、安いチケットが手に入れられる可能性も高くなります。また近年は、「格安航空券」と呼ばれるものが出回ってきました。

これは一般的なチケットに比べて安く手に入れることができるチケットのことで、国際線だけでなく国内線にも格安航空券があります。この格安航空券、インターネットや旅行代理店などで購入が可能です。(何となく旅行代理店が絡んでいると安心感がありますね)

ただ、通常の航空券のように定価が決まっている訳ではなく、購入するタイミングによって価格は異なってきます。格安航空券には主に2タイプ、オープンチケットとFIXチケットがあります。

(1)オープンチケット
長期旅行などに適しています。復路の便を出発前に決める必要もないので便利です。 もちろん有効期限内であることが条件で、60日、半年などの定められた期限内であれば復路の変更も可能です。

(2)FIXチケット
一般的な格安チケットとしてはこちらの方が多く出回っています。出発前に全ての便を確定する必要があるチケットですので、急な予定変更などには対応が難しいタイプです。

旅行先で滞在を伸ばそうとしても、そのチケットの変更ができないので「自由気ままな旅」にはあまり適していないかもしれないですね。 飛行機=高いというイメージが定着していますが、チケットの購入方法次第ではかなりお得に利用することも出来ますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ