Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保育士資格ってどんな資格?保育士資格についての概要

子どもたちと過ごしながらたくさんの元気をもらう今でこそ「保育士」という名称が通ってますが、以前は「保母」という資格名称だったんですね。その資格も、保母の養成機関を卒業するか、都道府県の実施する試験に合格することで資格を取れる仕組みでした。

「保育士(保母)資格証明書」があれば保育従事者として働けたんですね。なので、昔は割と取得しやすい資格のようでした。でも、2003年から「保育士」は国家資格となりました。児童福祉法の改正により資格の扱いが変化したんです。では、何が変わったのでしょうか。

資格証明書があり、保育従事者として働いている人がそれまでは「保母」や「保育士」と名乗る事が出来ましたが、国家資格と変化したことで名称独占の資格になったと言うのが大きな変化なのですね。

保育士に求められる専門性が高まり、プロとしてのより高度な専門知識の習得が必要になってきました。また、保育士という存在の社会的な信用が失われてきた事も大きな原因となっているようです。

こういったニーズにこたえる形で保育士が国家資格として扱われるようになったのですね。「保育士登録」が義務付けられ、資格だけでは働けなくなりましたし、保育士でない者が「保育士」と名乗ったり、類似の行為をすると罰則が科せられます。これだけ厳しくなった「保育士」の資格ですが、その分、専門職としての意識も高まりました。

少子化が叫ばれる中、子どもへのケアに対する注目度も高まってきています。子どもを預ける親としても、より深い専門的な知識や訓練を受けた保育士を求めるようになりました。簡単に保育士になることは出来なくなりましたが、その分、より深い保育を行えるようになってきているのではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ