Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

子供と遊ぶだけじゃない!知っているようで知らない保育士の役割

子どもが成長していくために必要な環境や条件を整えてあげる大切な子どもの成長に深く関わる保育士、どういった役割を果たしているのでしょうか。多くの子供との集団生活を送る訳ですから、その生活の場は常に清潔でないといけないですね。

手を洗おうと思っていても、泥だらけの蛇口だったり、床に食事のオカズが散らばっているようでは健康的な生活は送れません。また、柵の付いていないベランダや手すりが壊れている階段では安全に遊ぶ事もできません。

「清潔な環境、安全な設備」は子ども達が過ごすための必要不可欠の基本条件です。では、実際の保育士と子ども達の関わりはどうなのでしょう?保育を受ける子供は様々な発達段階にあります。社会性を身につけ始める時期ですし、自我の芽生え、自立心の芽生えも始まります。

同年齢、異年齢の子供達と関わる事により、自分と他人との違い、社会性、集団生活を行う上での知識、習慣を身につけていくのです。保育士は時に仲裁に入り、時に指導し、そして大きく見守って行くことが必要になります。関わり過ぎず、放任せずという距離をしっかりと保って接する事が保育士の役割として求められます。

また、言葉やコミュニケーション、眼に映ったものの表現など感覚や感性が伸びる時期でもあります。歌を歌ったり、読み聞かせ、絵画遊びを通して刺激を送る事も大切な役割となります。 保育士と子どもの関係の他にも、保育士と保護者の関係もあります。

家庭⇒保育の場⇒家庭と円滑に進める為には保護者との絆を築く必要があります。保護者と深い信頼関係を結ぶことにより、子どもとの信頼関係も深まって行きます。そのためには定期的な情報交換や日々のやり取りなど、保育士は情報提供を行う役割もあります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ