Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「どんな人が保育士に向いている人?」保育士に求められる素質って?

保育士は体力勝負の仕事保育士に向いている、向いていないか、、。何か基準があって判断するものでもありません。ただ、保育士に求められる素質を多く持っている方が向いている、と言えるのではないでしょうか。

では、その保育士に求められる素質っていったい何でしょう。まず、子どもと共に過ごす時間を楽しめることです。子どもの笑顔は誰でも好きです。でも、子どもの機嫌は変わりやすいです。泣いて怒っている時、グズって泣きやまない時・・・。

どんな時も子どもにとっては大な成長の一過程です。子どもの機嫌に振り回されることなく、その時間を大切に思える事が大事なのです。また、子どもは色々な欲求をしてきます。オママゴト遊び、お外遊び、、少しもじっとしてくれません。「少し休ませて・・・」と大人は思いますよね。

でも、子どもと大人の時間の流れは違うのでしょうか。子どもにとって1分はきっと10分ぐらいの長さなんですね。10数えている間に次の遊びが始まっていた!なんて事もしょっちゅうです。そんな時、率先して子どもと遊びに入り込める方は、保育士としての素を十分に持っておられると思います。

「子どもと遊ぶのが好き、子どもと過ごすのが好き」、これは保育士として欠けてはならないモノだと思います。もちろん、危険な状況や思わぬ出来事に冷静に対処できる「大人の目」というモノも必要です。でも、子どもの視線で物事を受け止め、子どもの感情を共有する事も大切なんですね。

「子どもだから、、」と考えるのではなく、一人の相手としてその気持ちを尊重し、受け止めるのです。子どもの目線に立てる、という事が最も大切な素質ではないでしょうか。

保育士になる前に、こういった素質があるかどうかを判断するのは難しいと思います。経験を通じて得て行く事も多いと思います。でも、「子どもと遊ぶのが面白い!」と思える方は素質アリかも・・・ですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ