Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保育士になりたい!でも、どうすればなれる?保育士資格取得方法

取りやすい保育士の資格国家資格となった保育士の資格ですが、どうすれば取得できるのでしょうか。専門性を問われる資格ですから、それなりの知識、技術が求められます。習得方法は2種類ありますのでそれぞれ紹介させて頂きます。

保育士養成学校
厚生労働省が指定した4年制大学、短期大学、専門学校、保育士養成施設の4機関です。それぞれの教育機関の指定する年数だけ通い、保育士としての知識を付ける為にじっくりと課程を学んで行きます。(大学の場合、最初の2年間は一般教養に使われる事が多いです)

卒業と同時に保育士の資格が取得できるのが大きな魅力ですね。課程内容は多岐にわたり、保育実習も行われますが、様々な専門知識をキチンと身に付けられます。将来の進路に保育士を目指す場合には、こういった保育士養成学校への進学が良いのではないでしょうか。

福祉学部、教育学部の中のコースや保育科、幼児教育科などのコースで資格取得が目指せます。卒業後すぐには保育士に就労しなくても、資格を持っているので自分の計画に合わせて資格を活かしていく事もできます。保育士養成学校への入学資格は高等学校卒業または卒業認定に合格した者、見込みの者となっています。

保育士試験受験
保育士試験は国家資格取得の為の試験、つまり、国家試験なのです。国家試験と聞くと何だか大変そうに思いますが、保育士養成学校卒業程度の知識が身に付いているかを試す試験なのです。筆記試験と実技試験があります。毎年8月ごろに実施され、年1回のみの試験です。保育士試験用の教材は書店で購入する事が出来ますし、また、通信教育などを利用する方も多いです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ