Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

漢方薬による不眠治療-睡眠薬が翌日まで残ってしまうとだるさの原因になる

不眠や動悸などの症状不眠症を改善したいけど、睡眠薬にはちょっと抵抗があって・・という方におススメしたいのが漢方!漢方は自然な効き目があり、不眠症の改善や予防にも効果があるとして人気があります。

また、漢方には睡眠薬のような即効性はありませんが、その代わり睡眠薬のような副作用の心配もありません。ゆっくりと自然の力を体内に取り入れながら改善していってくれるのが漢方なのです。

なので、飲み始めて2~3日で結果を求めることはできません。「効いてないな・・」と勝手に判断し、漢方をやめてしまった場合、ほとんど効果を実感することなく終わってしまいます。

一般的には、効果が出始めるまでには一か月程度の時間が必要とされていることをあらかじめ理解しておいてくださいね。では、どんな漢方が不眠症には効果的でしょうか?

不眠症の症状、重さによっても変わってきますので、まずは漢方の専門医に相談することが重要です。不眠症の症状は人それぞれです。またその原因も人によって異なっています。自分の原因に合わせた漢方を選択するようにして下さい。では、ここでよく使われる漢方を少しだけ紹介します。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

ヒステリーやうつ病などに効果があるとされています。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

イライラや精神的不安の解消効果などがあります。

漢方は種類も豊富ですし、その効能も多岐にわたっています。中には逆効果になってしまうような漢方もありますので、必ず専門家のもとで相談をしながら始めるようにしてくださいね。漢方の効果が表れるのには時間がかかりますが、飲み続けているうちに「漢方を飲んでいることの安心感」から不眠症が改善されていくこともあります。継続は力なり!という言葉を信じ、毎日の生活習慣に取り入れていって下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ