Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どうやって決めるの?私にあった「出産方法」

分娩時の痛みを和らげたい出産方法と聞くと「そんなにいろいろあるの?」と思われるかもしれませんが、けっこうあるんです。分娩台に仰向けになって分娩する方法、うつ伏せになり腹這いで行う方法、水中出産、立位出産・・など、本当にいろいろあります。

ただ、出産場所となる病院によっては希望する出産方法に対応できないこともあります。ですから、まずは「自分のやりたい出産方法」ができる「病院探し」から始める必要があるんですね~。

産科のある病院は色々ありますが、地元の評価、口コミ、設備で決められる方が多いと思います。でも、「何から探せばいいの・・?」と思われる方も多いので、選択肢として考えられる出産場所とその特徴について、簡単にご説明しますね。

大学病院

施設や技術が充実しており、緊急時などのリスクに対応できる安心感がある反面、担当医が固定されない、医学生の研修材料に使われる可能性があります。

総合病院

産科以外の診療態勢が整っているので母子共に緊急時にはしっかりと対応してもらえますが、分娩はどの医師が担当するかわからない・・といったデメリットもあります。また、大学病院、総合病院共に待ち時間が長い事が多いです。

専門医院

出産に対する考え方が病院ごとにしっかりと「その病院の特徴」としてあります。また、妊産婦と新生児に対応した設備と医師も充実している事が多いです。

診療所

地域と結びついた診療と密なコミュニケーションを築く事ができ、「自分の納得出来る出産」を実現しやすい反面、リスクに対する準備態勢が整っていない所も多いです。

助産院

決まった助産師が検診から出産、産後まで一貫してケアしてくれます。なんとなく「昔ながらの方法・・」という安心感がありますが、リスク対応にはやや弱いという不安があります。

他にも自宅や実家で行う出産もあります。これは特別な準備が少なくて済み、リラックスした出産ができますがリスクに対する心配があります。自分にあった出産方法、これが決まったらそれを実現してくれる「病院選び」です。でも、医師と話してみて自分の中の印象が良かったり、「この病院で産みたいな・・」と気持ちが動くこともよくあります。

その場合は、自分の考えに固執せず、柔軟に考え方を変化させていって下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ