Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大掃除の大イベント!窓・網戸のおススメ掃除方法!

汚れがひどいサッシのお手入れ年末大掃除の代名詞(?)とも言える窓ふき。お父さんや子どもがその役割を分担する事も多いと思います。寒い季節、寒風に吹かれながらの窓ふきは辛い仕事ですが、気持ちよく新年を迎える為です。

頑張って下さいね。 大体の汚れは水ぶきでキレイに落とせると思います。固めに絞った雑巾でサッと拭くだけです!私は去年の大掃除、窓ふき担当でしたがお湯の方が乾き易いかも・・と、高温のお湯をバケツに溜め、厚手のゴム手袋をして行いました。

結果は・・、水やぬるま湯で窓を拭くよりかは乾きも早かったと思います。何より、手がホカホカで・・♪いつもよりも辛くなかったです!仕上げに丸めた新聞紙で拭くと、インクの油分で窓がさらにピカピカになりましたよ。

水ぶきだけでは落ちないタバコのヤニや排気ガスなどのしつこい汚れには、窓用洗剤を使うと便利です。また、窓ガラスなどの ガラス用のスクイージーも大掃除の季節には日用品コーナーに並びます。スポンジ部分に薄めた洗剤を付け、水気タップリに窓をこすります。

その後スクイージーの反対側についているワイパー部分を使うと、手早くすっきりときれいになります。何より、ス~っと水気が取れて行くのが見ていて気分爽快です。 そして窓掃除のついでに網戸もきれいにしちゃいましょう!

網戸は力を入れてこすり過ぎると、網がたわんでしまうので気を付けて下さいね。 まず、網戸を外し全体にくまなく水をかけます。

次に、洗剤をつけながらブラシで優しく、決して力を入れ過ぎずに洗います。 最後に泡が残らないようにホースで満遍なく流し、自然乾燥。網戸をはずしたついでに網戸の戸車・レールの掃除もして下さい。小石や砂、油、ホコリが溜まり易い場所です。戸車のすべりが悪い時は、乾いてから潤滑油をさして下さい。

私の家には潤滑油がなかったので、料理に使うオリーブオイルを使いましたが・・。あまり、おススメは出来ません・・。レールは掃除機で大まかなゴミをまず取り除きます。その後、こびり付いたホコリや砂をレール用ブラシや古い歯ブラシなどをを使って掃気出して下さい。

それでも汚れが落ちにくい場合は、ペットボトルに水に溶かした洗剤を入れ、ゆっくりとレールに流しながらブラシでこすって下さい。網戸や窓ガラスがキレイになると、部屋も明るくなります。新年を気持ちよく迎える為にも、寒さに負けず窓ふきを頑張って下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ