Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

特に汚れの目立つ水回り。細かいケアでピカピカ洗面所をキープ!

意外と汚れが溜まりがちな洗面所水垢などの細かい汚れの目立つ洗面所。大掃除で水周りを徹底的にきれいにしませんか。朝の歯磨き、身支度、夜の歯磨き・・と洗面所は一日の内でも数回使う場所です。その分石鹸カスや水垢が溜まりやすく、湿気があるためにカビも発生しやすいです。

大掃除の機会に、普段では行き届かない部分まで細かく綺麗にしちゃいましょう。まず、用意する物はスポンジ、雑巾、古い歯ブラシ、洗剤です。 蛇口や排水溝周りの水垢、カビ、汚れには古い歯ブラシに洗剤を付けてこすって下さい。

古歯ブラシがない場合は、湿らせたストッキングでもきれいになります。 洗面台の洗面ボウルを掃除するには、浴室用洗剤をつけたスポンジでこすって下さい。泡を水で流せば終了!と思っておられる方も多いと思いますが(実は私もその一人でした・・)、水でキレイに流したあと、乾いた雑巾で拭き上げて下さい。

また、水垢には酢水が良く聴きます。スポンジにしっかりと含ませてこすってみて下さい。他にも重曹が効果的ですよ。黒ずみや黄ばみを綺麗に落とすことができます。

また、水気の多い洗面台汚れにサがあります。ついついメイク道具や髭剃り道具を置いたままにしてしまうことがありますが、ヘアピンやカミソリを放置していると、その跡にあっという間に茶色い鉄サビがついたりします。(湿気が多いと本当に早いです)

これは「もらいサビ」と呼ばれ、落とすには酸性洗剤が必要になります。このもらいサビをきれいにするのは時間も手間も掛かるので、普段から気を付けるようにして下さいね。

大掃除をしても、すぐその日からまた使い始める洗面所。あっという間に水垢やカビは復活してしまいます。せっかく大掃除をしても新年を迎える前にもう一度大掃除をしなければならない・・なんてことのないよう、この機会に普段からコマメなケアをする習慣をつけてみてもいいのでは?

まあ、大掃除並みなケアは無理でも、普段の掃除にプラス1か所だけでもかなり違ってくると思いますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ