Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

なぜするの?いつから始まったの?年末の大掃除を調べてみた

使ったものはすぐに片付けるそもそも大掃除はなぜ行われるようになったのでしょうか。

もともと大掃除は、一年間で溜まった汚れをきれいにして、気持ちよく新年を迎えるために行うものですが、この時期に大掃除をするのは、世界でも日本ぐらいかもしれません。

私は、真冬の寒い時期に窓を開けて掃除をしていたところ、風邪をひいてしまいました。大掃除をしないで新年を迎えるのは罪悪感があったので、冷たい水で網戸を洗ってたのがいけなかったのかもしれません。

調べたところ、大掃除は普段行き届かないところまで丁寧に掃除する伝統行事のようなもので、儀式的な意味もあったようです。昔、新年を迎える際、年神様への感謝と五穀豊穣を祈願し、家中のすすを払い清めるという行事がありました。

これは「煤払い(すすはらい)」と呼ばれおり、今でも神社仏閣などでは年末の代表的な神事として煤払いを行うところが多くあります。

そしてこの煤払いが12月13日に行われることから、一般家庭でもこの日になると神棚や仏壇の掃除を掃除し、その後からお正月の準備を始めていたようです。

これが大掃除の原型ともいえるようです。 また、12月13日の日付の理由としては、昔は商家などで奉公している方が新年に間に合うように里帰りをするのに適した時期だったことが大きな理由みたいですね。今と違い昔は電車や車がありません。移動に時間もかかるので、この時期が丁度良かったのですね。

今の大掃除はなんとなく年末にする習慣のようになっていますが、昔の大掃除は新年を迎えるための神聖な行事でもあったのです。そのため、掃除道具なども神事を行うための神聖な道具として大切に扱われました。

箒自体が祭祀用の道具であったとも言えます。なんとなく使っている箒も「古事記」には「玉箒(たまぼうき)」や「帚持(ははきもち)」として登場する古い歴史を持っている物なのです。大人にとっても、子どもにとっても少々おっくうになりがちな大掃除。こうやって改めてその意味を考えてみると意外と深くて長い伝統と歴史があったのですね。

罰あたりではありますが、いつも年末の神社仏閣のすす払いの様子をテレビで見る度、「あんな広い場所を掃除せずに済んで良かった・・」とついつい思ってしまいます。広大な敷地のお寺の掃除に比べたら我が家なんて・・と励まされてヤル気も出てきますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ