Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「自分で片付けたくなるお部屋」、子ども部屋の「楽ちん」収納術

片付けるのはお母さんそれ程散らかってはいないのに、雑然としている・・。子ども部屋が片付かないご家庭は多いと思います。もちろん、子どもが自分で片付けられるのが基本条件となります。ではどうすれば自分できちんと片づけられるようになるのでしょうか?

子ども部屋の収納術の基本は、子どもにとっての片付けやすさを考えることが重要になってきます。大人の感覚で考えてしまうと子どもは片づけられなくなります。子どもの持ちものを確認し、大きさや種類に応じた収納箱、ケース、棚などをを用意するようにして下さいね。

子どもが小さい間はオモチャの種類が大きく変わってきます。小学校に入るぐらいまでは段ボールに紙を張った手作りの箱でも十分に機能を果たしてくれると思います。

そして、大きいものに対しては大きい入れものを、小さいものに対しては小さい入れものを用意すると分けやすくなります。ぬいぐるみなどの大きなものに関しては、どんどん放り込めるような箱型のケースが理想的です。ただ、たくさん入れられる=取り出しにくくなるという問題もあります。

やはり、子ども部屋でも断捨離を行って下さいね。使わないオモチャなどは一時的に片づけてしまい、他のおもちゃを欲しがった時に取り出すようにすれば余計な出費も防げますし、子ども部屋もスッキリすると思います。

また、何段にも重ねてケースを置かなければいけないような場合には、引き出し式の入れものを使うようにして下さい。上の方など、手の届きにくい引き出しはあまり使わないオモチャを入れ、子どもが良く使うオモチャは手の届く場所に片づけるようにして下さい。

子どもの持ちものの種類に合わせて入れものの色を決めたり、子どもと一緒に名札を作って貼ったり、絵を描いたり・・と工夫することによって、どこに何を片付けたのか判断しやすくなりますし、片づけるのが楽しくなるかもしれません。

同じ事は引き出し式の入れ物にもいえます。色違いの引き出しを購入しても良いですし、引き出し1つ1つに子どもとマークを付けて行くのも楽しいと思いますよ。市販の入れ物を使う場合は、キャスター付きの種類を選ぶようしておくと、お掃除も楽に出来ますし、模様替えなども簡単にできるのでおススメです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ