Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

衣替えするとクローゼットに入りきらない!?秋冬衣料の収納術

引き出しを並べたクローゼット夏の薄着から冬の厚着へと衣替えをする方は多いと思います。でも、一気に全て切り替えてしまうと気温の変化に対応できなくなりますので、重ね着などで調節してくださいね。

さて、春夏⇒秋冬に切り替える際の収納術にはどういった方法があるのでしょうか。

まずは秋冬ものの衣類を出すところから始まりますよね。一番季節を感じられる時でもあると思います。ひさし振りに見る冬の衣服に「懐かしい・・」と思われる方もおられるのでは・・?

ただ、いくら懐かしくても、3年も着ていない服は処分するようにして下さい。リサイクルショップやオークションサイトで売れる物もありますので、古いものはどんどん処分しましょう。

収納スペースを有効活用

そして必要なものを残したら、軽く手入れをしてください。風通しの良い場所にしばらく掛けておけば防虫剤の臭いや湿気を取り除くことができます。

ただダウン、レザーなどは風通しの良い場所に陰干しをするといいでしょう。ブーツは軽く拭いて、これもかるく陰干しをして防水スプレーを吹きかけておいて下さい。ファーやモヘアも陰干しなどをした後、ブラシを使って毛並みを整えるようにして下さい。(優しくブラッシングして下さい)

こうしておくだけで、着用時の快適さに大きな違いが出ます。春夏ものから秋冬ものへの切り替えが済んだら、いよいよ秋冬ものの収納です。

冬のセーターやコートの保管場所

秋冬ものは春夏ものに比べて厚手の衣類が多いので、引き出しやワードローブに入りきらない事も多いですよね。皆さんはどう対処されていますか?無理矢理に詰め込んでしまうと、確かに収納はできても出し入れしにくくなるだけです。

やはり、新たに収納場所を確保するのが良いのではないでしょうか。方法としてはまず、秋冬ものをコート類・ニット類など大きく分けます。シワになりにくい物はクルクルと巻きずし場に巻いて、上の面を見えるようにして重ねたり、差し込んだりします。

そして、シワになり易いもの、嵩張るセーターなどはハンガーにかけます。そして、コートやダウンなど一番嵩張るモノは押し入れなど空いているスペースに分けて収納して下さい。少々不便かもしれませんが、ギュウギュウに洋服を詰め込んで傷めてしまうのは避けるようにしてくださいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ