Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

筋肉痛や肉離れなどの痛みには冷湿布がいい

疲れが抜けない筋肉の痛み筋肉痛の解消に使う湿布薬には、メントール系が多いので、匂いが気になります。自宅にいる時は問題ないのですが、外出する時は控える人も多いのではないでしょうか。

貼っておきたいけれど、我慢する場合もあるでしょう。女性向けに開発された湿布薬は、ほとんど匂いが気にならないだけでなく、よい香りのする微香タイプもあります。

一般的に湿布薬は、温めるタイプと冷やすタイプの2種類に分類されます。ですから、患部の状態に合わせて、湿布薬を使い分ける必要があります。温め効果のある温湿布は、患部の血流をよくして痛みを解消します。

冷やす効果のある冷湿布は、患部の熱を吸収するので炎症を早く抑えます。これらの効果を湿布薬のタイプ別に考えた場合、運動をした直後は冷湿布、翌日以降は温湿布と使い分けた方がいいでしょう。たとえば、運動をした後は筋肉が疲労しているので、冷湿布を貼って熱を吸収する必要があります。

筋肉痛が起るのは翌日以降が多いので、この場合は、温湿布を貼って、血流を良くする必要があります。筋肉痛が起こった時は、炎症がある程度治まっているので、冷やしてしまうと逆効果になります。温湿布を貼れば、患部の血流が改善するので、疲労感が軽減します。

温湿布と冷湿布の使い方を間違えると、筋肉を痛めてしまうので注意しましょう。さらに敏感肌の方は、皮膚の炎症を起こすこともあるので、刺激の強すぎる湿布は避けた方がいいでしょう。皮膚に違和感がある時は、湿布薬の使用を控える必要があります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ