Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冷え性を初めとした女性の更年期障害

体温が低い女性の共通している症状若い時には冷え性ではなかった人も、年齢を重ねると手足の冷えを感じやすくなることがあります。更年期障害の症状が出始める頃には、冷えを感じる人が一層多くなります。

もともと冷え性の人も閉経期が近づくと、冷えの症状がさらに重くなる場合もあります。それは、卵巣の機能が衰えてくることで、卵巣から分泌される女性ホルモン、特に卵胞ホルモンの分泌量が低下するためなのです。

エストロゲンの減少は脳の自律神経にも影響を及ぼします。体温や発汗の調節がうまくいかなくなったり、のぼせや突然の発汗、冷えなどの症状が現れるのです。手足が冷たいのに顔がほてる、下半身は冷えるのに上半身は汗ばむなどの症状に悩まされる人が少なくありません。

更年期障害の症状は、すべての女性に同じようにあらわれるものではありません。自覚する不快な症状がほとんどない人もいますし、自律神経失調症という病気になってしまう人もいるのです。

更年期障害そのものは病気ではないために、がまんしてしまう女性が多いのではないでしょうか。しかし、年齢的なものだと我慢してしまって、実は大変な病気である可能性もあります。すべてを更年期障害だと判断してしまうことには心配があります。

冷えの症状がひどくて不眠になてしまったり、肩や腰の痛みで吐き気がするなどの症状がある場合には、婦人科の医師に相談するようにしましょう。病気であるかどうかは別にして、専門医に相談すれば、冷えを緩和することができるのではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ