Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

体が冷えてなかなか寝付けない

就寝前の冷え対策冷え性の人には、足が冷たくてなかなか寝付けないという人や夜中や早朝に寒くて目が覚めるという人が多いのではないでしょうか。

血行が良い人は、眠くなると手足の体温はやや上昇し、体内の深部の体温は休息のために低くなります。しかし、冷え性の人は血液の循環が悪いため、手足の体温が下がってしまいます。

そのため、体温を保とうとして、身体の内部の機能が目覚めた状態になってしまうのです。これでは、睡眠に入るときにリラックスした状態になることができませんね。そのため寝付きが悪くなってしまうのです。

冷えからくる血行不良の症状が慢性化すると、低体温になり、さまざまな病気を引き起こしかねません。注意するようにしてください。 また、冷えと不眠には、女性特有のホルモンのアンバランスが関係していることが多々あります。

生理や妊娠、心的ストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れることで、体温調節の役割を担う自律神経に影響を及ぼしてしまうのです。自律神経の乱れが血行不良につながって、冷えを重くしてしまいます。

身体が冷えて眠れないと体力が低下し、ホルモンバランスが崩れます。これにより自律神経が乱れ、さらに冷えがひどくなってしまうのです。こうした悪循環により病気を引き起こす場合もあるのです。

不眠を解消するために、寝室の環境やパジャマなどを工夫したり、入浴方法や食事のメニューを工夫することで、身体の温かさを保つようにしてみましょう。不眠が病気の症状である場合もありますので、注意するようにして下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ