Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

これだけ違う!国立中学校の試験内容

上位校の競争の激国立校の受験は超難関と言われています。何がそれ程難関なのでしょうか。試験内容は他の受験校とそう大差無いように思います。

学力試験
私立の中学受験と同じような筆記試験です。 国語、算数、理科、社会の主要4教科で行う学校もあれば、その他の科目も含めて行う学校もあります。ただ、私立校の学力試験よりも受験科目が多い。=幅広い範囲の受験対策が必要になります。

比較的簡単な問題が出題される
多くの生徒が解答できる問題=1問の正答率が大きく影響する。 簡単=受かり易いのではないのですね。いかに満点に近い正答率を上げられるかが重要になります。

同じ国立中学でも学力試験の内容が異なる
国立大の付属も地域によって、2~3の付属中学を持っています。同じ大学系列であっても学力試験の範囲、つまり科目数が異なっている事もあります。

実技試験
小学校で学んだ科目を総合的に取り入れている中学校では、体育の実技試験などを行うことがあります。また、中学受験の際に「音楽コース」や「美術コース」などの専門的なコースを設けている学校では、それに関する実技試験が行われています。ピアノや絵画制作などでしょうか。

面接試験
児童のみの面接、親子面接、児童と保護者それぞれを対象にした面接が行われます。学校によっては面接形態が異なっていたり、面接試験自体を実施していない学校もあります。

報告書
国立中学校の多くは、中学受験の時に報告書の提出を求められます。小学校での総合的な評価も判断基準の一つになっています。

大まかにいって、大体これらの試験内容を、各国立中学校が目的、学校方針に応じて、組み合わせています。もちろん、私立中学の試験と同じように、国立校の中学受験でもそれぞれの学校の傾向がありまし、提出する資料の形も異なることがありますから、試験内容の確認はしっかりと行ってくださいね。国立中学の受験は求められる範囲、レベルの高さから超難関と言われるのですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ