Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まずは基礎から!フルマラソン完走のために必要なトレーニングは?

フルマラソンを完走したいマラソンと言えばフルマラソンの42.195kmですね。(ちなみにこの距離はロンドンオリンピック開催時、時のイギリス王妃がゴール地点を決めたことから、この距離になったという説があります。)

微妙な距離なので、マラソンをやったことの無い方にとっては「どれぐらいの距離なのか?」という事も想像しづらいですね。そして初心者にとっては、叶えることが不可能にも思える距離でもあります。

でも、世界的に有名なランナーも最初は皆、マラソン初心者でした。そう考えるとトレーニング次第では実現可能な夢でもあります。ではフルマラソンを完走するためにはどんなトレーニングが必要になってくるのでしょうか。

マラソン大会の開催地にもよりますが、42.195kmがずっと競技場のように整備されて平らになっているコースではありません。地形によってはカーブや勾配のきつい箇所、下り坂などもあります。こういった道を長い距離を走るということは大変なエネルギーを消耗してしまうんですね。

ですからまずは体力作りを始めて下さい。毎日数キロでも走るようにし、少しづつ走る距離を長くします。また、ある程度走り込めてきたらペースを調整するようにして下さい。 フルマラソンが行われるのは大きな都市が多いです。交通規制が行われますが、一日ずっと道路を封鎖する訳にはいきません。

当然、タイム制限が設けられていますし、遅いペースで走り続けていると「足切り」に合ってしまいます。フルマラソンの出場を目標にするなら、まず最初に10㎞マラソンの完走を目指してみてはどうでしょうか。自分の体力や走力を確認したり、ペース配分を知る事も出来ます。

また、10㎞の場合、トレーニングで走れない距離でもありませんから、完走も目指し易いです。ある程度10㎞マラソンで狙い通りのタイムで走れるようにし、次はハーフマラソンです。ハーフマラソンは、読んで字のごとくフルマラソンの半分、21.0975km走るレースです。10kmマラソンの2倍ですから、フルマラソンに移るステップとしてもおススメです。

10㎞マラソンで見に付けたペース配分や持久力がどの程度通用するかも確認出来ますよ。 こうやって見てみるとフルマラソン完走は遠い道のりに思えます。でも、きちんと自分の体に合わせたステップを踏むことで、楽しくマラソンをする事ができるのです。

早くフルマラソンに出たい!という気持ちはあるかもしれませんが、練習もしたことが無い人がいきなり泳げないのと同じです。トレーニングという基盤がなければ出来ない事ですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ