Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

家賃収入が年金代わりになるマンション投資

定年後の資産として考えるマンション経営何年にも渡り、議論されている年金問題。

現在、アラサー・アラフォー世代の方の老後に対する、経済的な不安感は年々高まって来ています。老後の自分達の生活を守っていくのは、やはり自分達で準備をするしかない時代になってしまった、と言うことですね。そうした時代背景のなかで、不動産投資。とりわけ初心者にも取り組みやすいマンション投資が注目を集めています。

ここでは初心者がマンション投資を始めるにあたって、はじめての投資用マンションを選ぶコツについてお話したいと思います。老後の資産運用、そして自己年金の形成にも効果的とされるマンション投資を始めるご参考になれば幸いです。

はじめての投資用マンションを選ぶコツ

マンション投資とは、その名の通り「マンションそのものに投資をする」ことです。非常にざっくりとした説明ではありますが、自分が購入したマンションを賃貸する事で家賃収入を得る、と言うのが基本的な流れになります。ですので、大前提としては「賃貸物件として需要があるかどうか」と言う部分が一番のポイントであることは言うまでもありません。

投資用マンションの販売会社の中には、借主が付かないときの「空き室保証」などを設定してある会社もありますので、そうした空き室リスクへのリスクヘッジは必要です。空き室になるリスクの少ないマンションを選ぶコツ、としては「稼働率の高い物件を選ぶ」のがポイントとしてあげられます。例えば駅から近い、日当たりが良い、設備が整っているなど、実際に部屋探しをしている人に選ばれるかどうか?というのが基準になってくるのです。

最初の投資用マンションは、自分が住んでみたいと思える投資用物件を選んでみる、というのも良いかも知れませんね。

新築か、中古物件か

投資用マンションを選ぶにあたって、重要な選択肢になってくるのが、新築物件か中古物件かという点です。

当然、新築物件の方が賃貸需要は高く、投資用マンションとしては有利なように思えますが、新築物件を投資用マンションに選ぶには、やはり中古マンションと比べコストがかかります。初期投資の安い中古物件を選ぶのか、初期コストは高いけどリスクの少ない新築物件を選ぶのかは、自分自身の出せる資金によって選ぶべきでしょう。

投資用マンションを選ぶ際のリスクヘッジ

これは、マンション投資に限った事ではないですが、投資をするのは余裕のある資金で行っていくことが一番重要なリスクヘッジです。資金的に無理をして、新築マンションを購入しても、結局ローンの支払いに窮してしまい売却を余儀なくされた、と言うのはよく有る話。新築か中古物件か、どちらでマンション投資をするかは支払い計画も綿密に立てた上で選択すべきです。

老後の資産運用は、自分自身で計画的に運用していかなくてはいけない時代になってきました。不動産投資は「ローリスク・ロングリターン」の投資とも言われ、比較的初心者向きの投資であるといえます。とはいえ、やはり全くの知識の無い状態では失敗をしてしまうもと。

投資用マンションを選ぶコツ、リスクヘッジの方法をある程度勉強しておく事は重要です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ