Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コンタクトレンズ、どんなケアをしないとダメ?早わかり!コンタクトレンズのケア方法

汚れたままのレンズは目に負担をかける一度眼に装着するとレンズには眼の汚れが付着してしまいます。そんなに、眼は汚れているのか、、と思われるかもしれませんね。まあ、コンタクトレンズがそれだけ汚れやすいとも言えるのですが、、。そこで、コンタクトレンズのケア方法をザッとご紹介します。

まず、ハードレンズですが、毎日クリーナーを使ってのこすり洗い、または、液体酵素洗浄剤による付け置き洗浄があります。

すすぎ洗いは水道水で行いますが、これが結構難しいです。アッと言う間に流れて行ってしまった、、なんて事もありますので、洗面台に水をためるようにして洗浄するのをおススメします。ハードレンズ自体に汚れが付着しやすいので、こすり洗いは大切です。

次にソフトレンズです。眼に密着し、かつ、含水率が高いため菌やウイルスが繁殖しやすいので消毒が必要となります。消毒器を用いて煮沸消毒をするか、専用の消毒液を使ってコールド消毒を行います。

ただ、コールド消毒ができるレンズは種類が限定されているんです。また、専用クリーナを使ったこすり洗いも行いますが、爪などで避けたり、破れたりする事があります。(私は数回破ってしまいました。)気を付けて下さいね。煮沸消毒は汚れが固まって再付着したり、形が変形してしまう事があります。

今は、化学洗浄剤を使うコールド洗浄が主流の様です。また、アレルギー体質の方はコマメなタンパク除去をお勧めします。そして、大切なポイントですが、ソフトレンズは水ですすぎ洗いはしないで下さいね。

水道水には塩素で除菌されない微生物や雑菌が含まれる事があるんです。水道水でソフトレンズを洗ってしまうとこういった雑菌などがレンズで繁殖してしまうこともありますので、すすぎ専用液ですすぐようにして下さいね。様々なコンタクトケア用品が販売されています。ハード専用のケア用品をソフトレンズで使用すると大変な事になってしまいます。

また、ハード専用、ソフト専用のケア用品でもレンズによって使っても大丈夫なもの、そうでない物もあります。間違わないように、自分のレンズにあったケア用品を選ぶようにしてくださいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ