Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

水洗いだけじゃあ絶対ダメ!最低限必要なコンタクトレンズのケア用品って?

目のトラブルの原因一日使い捨てタイプは関係ありませんが、コンタクトレンズを使用する間は、レンズを清潔に保つケアをしなければなりません。ハードレンズでもソフトレンズでもケアをすること自体は同じですが、レンズの固さが違いますので、ケア方法は変わってきます。

まず、購入しなければいならない物として、保存液、洗浄液、レンズケースです。ケースなどは消毒液などについて来る事が多いので、それを利用してみて下さいね。

ここで、気を付けるポイントなんですが、毎日、洗浄や保存に使用しているレンズケース自体も汚れが付着してきます。ですので、コンタクトレンズをケースから出して装着した後はケースも洗って自然乾燥させるようにして下さい。

また、ケースによっては洗浄液と反応させて消毒をする仕組みになっているものもあります。こういった場合、洗浄効果が続く期間などがケースに書かれてあるので、ケースも買い替えるようにして下さいね。

まだまだ使えるのに、、と自己判断してしまうのは危険です。眼の健康を考えて使用期間を守るようにして下さいね。レンズによってその特性に合わせたケアの方法があります。ハードレンズのこすり洗いやタンパク除去、ソフトレンズの煮沸消毒などです。

また、レンズによって消毒液が変わって来る事もあります。「特売していたから、、」とそのレンズの特性に合わない洗浄液を買って消毒してもキチンと汚れが落ちない事もありますし、悪い時には余計にレンズを傷めてしまう事もあります。直接眼に装着する物ですから、日々のお手入れはキチンとしておいた方が安全です。

手入れが面倒で、、と思われる方も多いかもしれませんが、最近はかなり色々なタイプのケア用品が揃ってきているので、ネットの体験談なども活かし自分とレンズに合った手入れの方法を見つけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ