Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

これが過食症の始まりです

軽い拒食から過食になる人も近年、過食症は珍しい病気ではなくなりました。「細い=美しい」とする風潮が定着化してしまっている日本ではダイエット情報はファッション情報並みに多彩です。そしてこの「細くなりたい」という女性の強すぎる願望、それが過食症の原因の一端を担っています。

では、どうやって過食症は始まって行くのでしょうか。 他の病気と同様に過食症も段階的に症状が進んでいきます。

最初のキッカケとなるのはやはりダイエットが多いです。「痩せたい」・「痩せないと」と体重を落とすことを考え過ぎ、その事ばかりに頭の中を支配されるようになると過食症の入り口に足を踏み入れたと言えると思います。

通常、ダイエットをして短期間で体重を減らしたい!と思う場合、過酷なダイエットをやってしまったり、栄養状態など重視しなくなることが多いです。

そして、ダイエット効果で体重が減少し始めると・・、「目標体重はクリアできたから・・」とダイエットを緩める方もおられますが、「もっと痩せたい」と余計にダイエットに力を入れてしまう方もおられます。

そんな方の多くは食事のコントロールや自分の健康状態は二の次にしてしまい、「痩せる努力」ばかりを重視するようになってしまいます。でも、ダイエットには「停滞期」と呼ばれる期間があります。体重の減少が鈍る、なのにダイエットの為に食事を我慢しなければならない・・、このことが精神的なストレスの蓄積を招きます。

その結果、ストレスの為に精神のバランスを保つ事が難しくなり、それまでの我慢ができなくなってしまいます。つまり、食事を控えてきた反動で暴飲暴食をしてしまうんですね。でも、過剰摂食した後、冷静になった時に自分のしたことに気付き、さらに自己嫌悪や罪悪感などのストレスを抱えてしまいます。

そうなると・・、「食べてしまう前に戻りたい」という思いに支配されるようになり、「暴飲暴食をしてしまう⇒排出すれば良い」という考え方が定着してしまいます。

最初の間は、排出しても不快感も無く、むしろ「ほっとした」という感覚を覚えるぐらいです。「それに毎回じゃあないし・・」と自分の行為について違和感を抱くこともそれほどありません。でも、これが過食症の入り口なんです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ