Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お洒落主婦必見!クイジプロのシリコンキッチン用品

シリコン万能トングクイジプロはカナダのブランドで、高機能なキッチングッズが評判のメーカーです。クイジプロのキッチン用品は、アメリカやヨーロッパの料理人たちが愛用していることで知られていますが、 毎日使っても痛まない品質の良さと、納得できる使い心地の良さが特長です。

その中で一番人気があるのはシリコン万能トングです。これは金属でできているトングの先端がシリコンで覆われているもので、トングで鍋をかきまわしても傷になることもなく、 先端のシリコンが滑り止めになって食材をしっかりつかめると評判です。

トングというと、焼き網で肉や野菜を焼く時くらいしか 使わないかもしれませんが、ぜひ普段の料理にも取り入れて使ってみてください。揚げ物を油の中から取り出したり、 フライパンでの調理にも意外と使いやすく、菜ばしよりも安定していて、しっかりと食材をホールドできるため、 食材が型くずれしにくいという特長があります。

他のクイジプロの製品では、泡立て器も人気の一品です。この泡立て器は金属の芯をシリコンでカバーしているので、 食材を攪拌する時にボールや鍋と触れてイヤな音がすることがなく、傷をつけることもありません。

先端がコイル状になった 泡立て器のフレキシブル・ウィスクは、食材をスピーディーに泡立てることができますし、先端が平べったくなっている フラット・ウィスクは収納に場所を取りません。どちらのタイプも柄のステンレスとシリコン部分のポップな色の 組み合わせがオシャレなので、壁から吊り下げたりして見えるように収納しておいても楽しいでしょう。

エコなシリコンおかずカップ

お弁当を作る時、おかず同士が混ざりあうのを防ぐためにカップを使いますね。このおかずカップ、アルミや紙のものが一般的ですが、 シリコン製のものもあるのです。アルミや紙でできたおかずカップは使い捨てですが、シリコンのおかずカップなら使い終わった後は 洗って何度でも使うことができます。

シリコンは丈夫な素材なので、洗うときも特別なお手入れは必要なく、他の食器類と一緒に洗ってかまいません。もし油汚れが 落ちにくいと思ったら、お湯を一緒に鍋に入れてしばらく熱湯で煮沸するとさっぱりと汚れが落ちます。また、シリコンカップは 耐久性があり、2年間使い続けているけれども、破れたり、劣化はしていないという声もあります。

シリコンのおかずカップは弾力がありますので、弁当箱の形にぴったりとフィットします。 また、カラーも豊富にありますので、弁当箱に色に合わせて好きな色を選ぶことができます。

彩りよくおかずを詰めることができ、 お弁当がますます美味しく見えそうですね。シリコンは耐熱性・耐寒性に優れていますので、作ったおかずをシリコンカップに 入れて冷凍保存しておき、お弁当に入れる前にレンジにかけてそのまま弁当箱に詰めるという使い方もできます。

お弁当をきれいに詰めるためには、おかずカップが必需品といってもよいですが、使い捨てにするのでは環境にもよくないですよね。次の世代のため、できるだけ使い捨てをやめて、環境に優しい暮らし方をしていきたいものです。まずは、身近なおかずカップから 見直してみてはいかがでしょうか?



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ