Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保育士の資格は独学で勉強しても受かるのか?

学童保育などパートタイムの仕事保育士試験の受験料は12,700円です。これにいくらプラスされるかで、試験にかかる費用が決まるわけですが、一番安く抑えるには独学での受験ではないでしょうか。

ただ、いくら独学とはいえ、専門知識が求められる内容が出題されます。ある程度の問題集などの学習準備は必要になってきます。では、どういった準備が必要とされるのでしょうか。

テキスト
保育士試験用に毎年更新されたテキストが出版されています。とくに、「全国社会福祉協議会」の「保育士養成講座」は非常に人気が高いです。

毎年、このテキストからの出題が多いようで、独学で受験タイプの方はほとんど利用しているのではないでしょうか。通信教育の教材よりもかなり価格も安く、内容も充実しているのが人気の秘密のようですね。書店で手軽に購入できますよ。

法令集

保育士試験なのに・・・?と思われるかもしれませんが、意外と多くの法律問題が出題されているんですね。主に児童福祉、社会福祉、老人福祉などの福祉関係の法律問題が中心となっています。また、法令集とは別に、保育所保育指針は必ずと言っていいほどよく出題される範囲です。

この保育所指針を中心に勉強を進めて行くのも一つの方法ではないでしょうか。(丸暗記に近い覚え方をして一発合格された方もおられます)

問題集
8科目それぞれの出題傾向に合わせた問題集も多く出版されています。自分の苦手な箇所もよくわかりますので、じっくりと問題を解いていくのが苦手克服の近道ではないでしょうか。また、忘れてはならないのが「過去問」です。その年によって出題傾向は変わっていますが、大まかな流れは掴めますので、大体3年分ぐらいは解いておく方が良いと思います。

過去問題集も出ていますが、インターネットでもダウンロードできますので、それを利用する方が手早いかもしれませんね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ