Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

疲れているのに眠れない状態が長く続いていたら「うつ病」のサイン

夜中に目が覚めてしまう「寝つきが悪い・・」、「眠れない・・」、こんなことはよくあることです。ただ、不眠症の中には「うつ病」が関係していることもあります。

もともと不眠症の症状自体が精神面と非常に密接に関係しています。ストレスがたまり、寝付けない、眠りが浅い・・なんてこともありますし、精神的な緊張が解けず、夜中に何度も目を覚ましてしまったり、再入眠ができなくなってしまう・・なんてことも。

では、うつ病の場合はどうでしょう?うつ病の人の場合、どんなに眠いと思っていても、体が眠ってくれないことがあるんですね。「眠い」、「寝たい」と思っていても寝れず体力が消耗し、精神的ストレスが悪化し・・と症状が重くなってしまいます。そしてうつ病の症状がある人は、多くが不眠症の症状も感じていると言われています。

人によってどのような形で症状が現れるのかは違いますが、特に起きようと思っていた時間帯より早く起きてしまう早期覚醒タイプの人が多いと言われています。ただ、注意していただきたいのは「不眠症=うつ病」と思い込まないこと!ということです。「うつ病だったら・・」、 「今日も眠れなかったらどうしよう・・」と悩み続けてしまうと精神的なストレスがさらに増してしまい「うつ病」へと近づいてしまいます。

一番いいのは悩まないことですが、実際問題として眠れないのに悩むな・・といわれても困りますよね。寝つきをよくする睡眠改善薬や漢方薬などを試しても効果が実感できないばかりか睡眠不足が続いて体調が悪くなってきた・・という場合、早急に病院で診察を受けるようにして下さい。

うつ病が関係していない場合は、不眠症の専門外来などで治療を受ければかなり改善、それも完治に近く改善されると思います。ただ、うつ病が絡んでいる場合は、不眠症の専門外来での治療でも改善が難しいです。その場合は心療内科なども紹介してもらえますのでうつ病の治療を同時に行って下さい。

うつ病の方は自分が「うつ」であることをなかなか自覚できませんが、早期発見できれば症状は軽くてすみます。不眠症であっても、うつ病であっても自分の睡眠に違和感を感じるのであれば病院で診察を受けて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ