Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

これだけ使い分ければ完璧!大掃除に欠かせない4つの洗剤

効率の良い掃除の段取り大掃除を助けてくれる洗剤。年末の大掃除を効率良く済ませるには、洗剤を上手に使い分けると便利ですよ。

でも、洗剤であればどこにでも使えるという訳ではありません。間違った使い方をしてしまうと材料を傷めてしまますし、変色やシミ付いてしまう恐れもあります。それぞれの掃除箇所に適した洗剤を使うようにして下さいね。

中性洗剤

全範囲に使う事が出来ます。一言に中性洗剤と言っても衣類用と食器用があります。 まあ、衣類用は洗濯洗剤として使用しますが、色あせが気になるデリケートなカーテンやラグ、クッションカバーなどの洗濯でも活躍します。

キッチン用中性洗剤、これはいわゆる食器用洗剤のことです。食器、鍋等はもちろんですが、シンク周り、レンジ、冷蔵庫など脂汚れ意外にも使用できます。

弱アルカリ性の住宅用洗剤

水拭きだけでは落としきれない家具やフローリングの汚れ、壁のヤニ汚れなど、生活する上でできた汚れ落とし適しています。ただ、中性洗剤よりも刺激が強いので、肌が弱い方は手袋をしてから使ったほうが良いですよ。

アルカリ性洗剤

キッチンの油汚れ、排水管の汚れ、カビ取りなど中性洗剤だけでは落としきれないこびりついた汚れに効果があります。洗浄効果が強い分、刺激も強いタイプです。使用時には、手袋やマスク、掃除中の換気を行うようにして下さい。万が一、目に入ったりしては危険です。水はね等を予防する意味でも使用には十分な準備をして下さいね。

酸性洗剤

便器の尿石や鉄サビ除去で使います。 お風呂のカビとりなどにも酸性洗剤が使用されていますがこれはアルカリ性洗剤よりも注意が必要です。洗剤の注意書きにも書かれていますが、アルカリ性と酸性の洗剤が混ざると塩素ガスが発生してとても危険です。

また、使用時は換気を行いながら掃除をするようにして下さい。以前、私が酸性洗剤でお風呂掃除をしていた時、寒いのでお風呂のドアを閉め切って使用してしまったのですね。途中で気分が悪くなり、30分ほど頭痛が治まりませんでした。そして、顔には一切水はねもしていなかったのに、翌日からひどい肌荒れになってしまい大変でした。締め切った部屋での使用は注意して下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ