Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

過食と拒食、この2つを結ぶものとは・・・

自分が病気であることを自覚する摂食障害として過食症と拒食症があります。もともと、2つとも精神疾患でもありますが、この両者には密接な繋がりがあるんですね。

というのも、拒食症と過食症を交互に繰り返したり、拒食症のリバウンドという形で、過食症になってしまうという事が良く起こるからなんです。(必ずしも全員がそうなるという訳ではありません)

何だか「真逆の摂食障害」なのに、このような関連性があるのも不思議な気がしますよね。元々過食症と拒食症というのは全く別個のトラブルであり、異常な摂食をする過食症だけを発症する場合もあれば、全く食事を受け付けない、体が受け入れられなくなる拒食症だけ発症する場合もあります。

では、なぜ交互に発症したり、症状が移行してしまったりするのでしょう?

まず、拒食症というのはダイエットが引き金になる事が多いのですが、「食べると太る=悪い⇒食べるのは悪いこと」という強迫観念に囚われてしまい、重症化すると体自体が食事を受け付けることができなくなってしまいます。「食べたい」と思うようになっても、食べられない状態になってしまうんですね。

この拒食症を引き起こしているときには何も食べられなかったのが、症状の改善やそれ程拒食症が重症化しておらずまだ「食欲を我慢」している状態であったりすると、何かを食べた途端、歯止めがきかなくなり過食症を招いてしまうという事があるのです。

反対に過食症は症状が悪化すると摂食衝動がコントロールできなくなり、食事量が常軌を逸するほどになったり、それに伴う嘔吐の頻度が高くなったりします。

過食症が改善されだし普通の食生活に戻られる方は多いのですが、「もう、過食症にならないように気をつけよう!」と極端に思いこみ過ぎて、今度は食べる量を減らしてしまい・・そうなると拒食症に繋がる可能性は高くなります。

摂食異常は本人が気付いたり、自覚出来る事が多いのですが、拒食症の場合、「痩せたい」というダイエット願望が根底にある為、「食事を摂らない=キレイになれる」、「食事を摂らない=良い事」と思い込んでしまい、本人が自分の異常さを気付く事が難しいんですね。ただ、明らかに外見が変化するのが拒食症なので、周りは早く気付く事ができます。

そして拒食症と比べると、過食症は「過食⇒嘔吐」で標準体重を維持している事が多いです。なので見た目にはっきりとした違いが出にくく、周りも気づきにくいので症状がひどくなる事もあります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ