Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夕食はごはんを食べない方が太らないのか

炭水化物抜きの食事での減量太らない生活を考える上で重要なのが、夕食の摂り方です。

夕食は、朝食や昼食に比べてゆっくり摂ることが多く、また昼食と夕食の間は比較的長時間空くことから、夕食はしっかりと食べたいと考える人が多いようです。しかし、夕食をしっかり食べることは太りやすい体を作ることに繋がります。

太らないためには、夕食を軽めに済ませる方法が適しています。ダイエットの中にも夕食を軽くする方法がありますが、この方法で多くの人がダイエットに成功しているようです。

太らないための夕食の摂り方としては、なるべく早い時間に食べること・量を腹7分目に抑えることがポイントです。夕食を就寝3時間前までに済ませると太らないと言われていますが、体重を落としたい場合は、それよりさらに早い時間に夕食を済ませると、それだけでもダイエット効果を期待することができます。

食べる量は、1日の摂取カロリー量の3割程度に抑えるようにすると、肥満防止に効果的です。また食べ方についても、早食いよりゆっくり食べる方が太りにくいと言われています。良く噛んで食べると満腹感を得やすくいため、あまり噛まずに飲み込む場合よりも少ない量で済ませることができます。

ちなみに、満腹感は食べ物が胃に運ばれてすぐ感じるものではなく、20分程度経たないと感じることができません。このことからも、食事をする際には最低でも30分はかけて食べるのが理想だと言えるでしょう。また、晩酌をする人は、アルコールのカロリーやおつまみについても気をつける必要があります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ