Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

使う食器で食事の量を減らして痩せられるかもしれない

少量の食事の献立にピッタリ食事における器の役割は、意外と大きいものです。食器とは食事を入れるためのものですが、食器の種類を変えることで食事の気分を変えることもできます。

同様に、食器のサイズを工夫することで食欲を抑えることもできるのです。食器のサイズが、その人の体重に比例すると言われることをご存じでしょうか。

いつも大皿で食べている人は体重も重く、小さいお皿で食べるのが習慣づいている人は、体重も軽いということです。お腹がすいていると、たくさん食べたいという欲求がありますから、無意識に大きなお皿を選びがちになります。

大きなお皿を選ぶと、皿に乗せる量も自然と多くなりますよね。これはお皿自体が大きい場合、ある程度の量を乗せないと視覚的に物足りない感じがしてしまうためです。一方、小さなお皿を使った場合、少しの量を乗せただけでもお皿が一杯になってしまいます。

逆に言えば、少しの量で視覚的な満足を得たければ、小さなお皿を選ぶのが適していると言えます。視覚効果が食欲に与える影響は大きいものです。視覚的に満足できれば、それがたとえ通常の食事より少量でも、満腹感を得ることができるのです。

つまり、食欲を抑えるためには小さい器を使うのが有効だと言えます。 とは言え、あまり小さすぎても逆効果になるので注意が必要です。小さすぎる食器を選んでしまうと、食欲を抑えるどころか余計なストレスを生んでしまうことにもなりかねません。

まずは今までの3分の2のサイズ、それから半分のサイズと、少しずつお皿の大きさを小さくすることから始めてみましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ