Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエット中に控えたい食べ物

塩分の摂り過ぎ下半身ダイエットに取り組んでいる場合には、エクササイズとともに食事にも気を配るようにしましょう。ダイエットの成功の秘訣は、正しい食事と、適度な運動、規則正しい生活習慣にあります。

では、ダイエットのために食生活で気をつけることは、具体的にどのようなことがあるのでしょうか。下半身が太ってしまう原因はさまざまです。

まず、過剰なカロリーの摂取が原因の場合には、低カロリーな食事を心がけるだけでダイエット効果を高めることができます。とくに、脂質と糖分の摂り過ぎに気をつけましょう。

もともと人間は、飢餓状態に備えるために脂肪が多い物を美味しいと感じるようになっています。バターや生クリームたっぷりのケーキや、焼き肉などは、ダイエット中には控えるようにしましょう。

また、アルコールも飲み過ぎるとカロリーが高くなってしまいます。 塩分の摂り過ぎで下半身が太くなってしまうことがあります。体内の塩分濃度が高くなってしまい、余分な水分が溜まってむくみが生じるのです。ふくらはぎを指で押してみてください。跡がなかなか戻らない場合はむくみがある証拠です。

漬け物やみそ汁といった塩気の強い食べ物は、香辛料や出汁を効かした味付けにすると、塩分の調整ができますので、むくみを防ぐことができます。

この他の食事でも、塩を使いすぎないように、酢や香辛料、出汁などを利用して工夫するようにします。 食事は栄養に気を配って、炭水化物、タンパク質、脂質のバランスに注意をして摂るようにしましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ