Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もしもの場合に備える災害対策!いざという時どう行動すればよいのか

地震直後の行動阪神大震災以来、日本には大規模な災害が頻繁に起こるようになってきました。特に、東日本大震災大などは記憶に新しい大災害ですし、その被害の爪痕はいまだ日本の大きな課題になっています。

こういった大きな災害があるたびに防災対策についての意識が高まり、自宅や公共施設の耐震性、防災グッズ、防災方法などが大きな話題になります。

でも、例えば大きな被害を出した「竜巻」などでも、自分の住んでいる地域から離れて起こった災害や、災害から月日が立った事柄などに対しては、その災害そのものに対する危機感は次第に薄れてきます。

その災害がニュースになった当時は揃えていた災害グッズも時間の経過と共にホコリが貯まったり、賞味期限が切れていたり・・と、実際に災害が起こった時には役に立たなくなってしまっている事が多いのが現状なんですね。

また、「災害に備えよう」と思っていても、「自分や家族だけは災害に遭わない」と何の根拠もなく思い込んでしまうことがあります。火山や活断層の多い日本、それ以外にも梅雨や台風による災害が非常に多い国なのに、楽観的でもありますよね。地震、火山の爆発、台風による洪水や土砂崩れ、津波、などとても「万が一」という可能性の低さではありません。

もちろん、国家的な対策として様々な防災に対する取り組みが行われています。でも、大きな堤防を築いてもらう事も必要ですが、「自分や家族の命を守る」ためには、自分自身で災害に向き合う事も必要です。

災害はけっして他人事ではありません。「まさか自分が・・」と思うより、「ここも危ないかもしれない」と思った方がより危険は回避できると思います。そしてそう思う事で出来る災害対策も沢山あります。手始めに停電した時、懐中電灯はちゃんと使えるようになっていますか?ラジオや水、食料品の確保ができていますか?

避難場所への安全ルート、災害時の連絡方法は確認できていますか?孤立した状態の中、水もないまま自分が1週間どうやって生活出来るか考えてみて下さい。必要な物が見えてくるのではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ