Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

持ち家のリスク!震災や災害が起こると、不動産価格が変動してしまうことも

災害を受けるリスク災害が起こった時、家財として何を持ち出すか考えた事がありますか?

土地や家屋、貴金属などは大切な財産です。でも、「すぐにでも避難しないと・・」という緊急の事態で、地券や実印、通帳やジュエリーケースなどどれだけもちだせるでしょうか?

また、避難途中でそういった財産を紛失してしまう事もあります。命がけで守ったものを避難時のバタバタで無くしてしまっては泣くに泣けませんよね。まあ、命が助かっただけでも良し!と自分の中で見切りをつけるしかなくなるでしょうが・・。

そういった自体を避けるために銀行の貸金庫などがおススメです。地券や実印などの財産はまとめて貸金庫に預けておくと災害時でも安心です。(貸金庫は相当頑丈に作られているので、自宅の金庫よりは安心出来ると思います) また、貸金庫のカギもカードキーになっているところが多いので、お財布に入れておけば便利です。

では次に現金の保管についてです。最近は、預金利率が低いため、また高齢化が進んで銀行への行き来が困難な人が増えたことなどが原因で自宅にお金をおいておく「たんす預金」をされているご家庭も増えてきています。

でも、災害時に自宅の金庫に置いておくのは心配ですし、かといって全額を持ち出すことができない状況もあり得ます。避難時の混乱で紛失してしまったときに自分の保有していた金額の証明もできませんから、たんす預金には非常な危険が伴います。

やはりある程度まとまった金額の場合は公的金融機関に預けたほうが安全性は高いのではないでしょうか。また、避難中でもそれなりに出費がかかることもあります。

ただ災害発生時には、店舗や自動販売機のつり銭が不足することが多いので、できるだけ現金を紙幣で持つよりも、携帯電話のおさいふ機能や各種電子マネーにある程度チャージしておくと便利な事もあります。そして最後に災害保険についてです。 自分の入っている災害保険の保証内容の再確認を一度してみて下さいね。

というのも保険には免責事項があるからです。保険料がリーズナブルな場合、自然災害による被災を免責事項にし、火事や交通事故など人的災害に対する保障に限定しているものもあります。(保険料がアップしてしまいますが、オプションで地震保険などを付加することも可能です)

災害保険に入る時にはその保険会社の免責事項についても、しっかりチェックしておいて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ