Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

安い飛行機チケットはキャンセル料にも気を付けて!

不人気の便は価格が安くなることも安い飛行機チケットは本当に便利ですし、ありがたいのですが、注意点もあるので気を付けて下さいね。それはキャンセル料についてです。まず、そもそも安いチケットを購入する為にはかなり早い時期にチケットを抑えますよね。

でも、その後の予定の変化などによってはどうしてもその日に旅行に行けなくなってしまう事もあります。

そういった場合、すぐにチケットをキャンセルしなくてはなりませんが、その時、キャンセルが発生したタイミングによってはキャンセル料が発生する場合もあるんですね。

また、気を付けて旅行までの予定を組んでいても子どもの怪我や急な発熱などではとてもじゃありませんが旅行は出来ません。その場合、前日や当日キャンセルなんて事もあります。(私は39度の熱がある子どもを連れて飛行機に乗りましたが!!)

キャンセル料は、航空会社によって異なっていますし、どの種類のチケットを購入したのかによってもキャンセル料が大きく異なるんですね。もちろん、キャンセルの手続きも異なっています。

具体例としましては、大人普通運賃で購入したチケットなら、便出発前のキャンセルであれば全額払い戻しが可能ですが、特別な種類のチケットであれば運賃の約50%相当額しか返金されない・・という事もあります。

特に、早割チケットなど搭乗の数日~数か月前にまでに予約・購入することで割引されるタイプの飛行機チケットの場合、キャンセル料が高くなったり、場合によってはキャンセルできないものもあります。

どれだけ念入りにスケジューリングしても、急な事情でキャンセルするしかない・・という事はあります。そういった時に焦ったり、損したりすることのないよう、チケット購入時に必ずキャンセル時の対応、キャンセル料や払い戻しについても確認するようにしておいて下さいね。

もちろん、往復のチケットをそれぞれ別の航空会社の割引チケットで購入している場合、当然ながら航空会社によって対応に違いも出てきます。トラブル回避のためにも、キャンセル時の手続きなどは航空会社別にしっかりと把握する事が大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ