Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ベッドから起きるとめまいがするのは低体温かも

温かい部屋にいても寒気を感じる最近、日常の生活において低体温の人が増えている傾向にあります。

低体温というと、冬山の遭難などで命の危機にさらされる人の症状だと考えている人が多い中で、こうした現象は、医療関係者や保健の専門家の間でも注目されています。冷え性の人すべてが低体温であるというわけではありません。

しかしながら、冷えが原因で低体温になったり、低体温が原因で冷え性になったりする相互関係があるようです。

人間の体温は、民族や居住地域にかかわらず、36.5度程度で、血行が良好で、内臓機能が順調に機能し、体内の酵素なども最も活性化されるということがわかっています。体温の低下は、免疫力の低下や、基礎代謝の低下、体内酵素活性の低下につながってしまいます。

体温が36度以下になると、排泄機能が低下し、自律神経の乱れやアレルギー症状の悪化などの不調が生じてきます。免疫力が低下しますので、ウィルス性の風邪をはじめとする感染症の病気にかかりやすくなってしまい、一度かかってしまうと、病気の進行は早く、症状が重くなってしまうのです。

さらに、体温が35度前後になってしまうと、がん細胞が活発になることも明らかになっています。36度2分や36度ちょうどくらいの体温の人も、低体温ぎみであることを自覚しましょう。病気の予防に役立ちます。 手足がぽかぽかと温かいのに体温が低い人は、身体の奥の冷えが心配です。体深部の冷えは、一般の冷え性とは違った対策が必要になります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ