Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

手軽に顔の印象アップ!大人気の美容整形でパッチリした二重まぶたに

二重まぶたへの憧れ目の印象は顔全体の印象に非常に大きな影響力を持っています。これは女性にも男性にも言えることですが、「パチッ」とした大きな瞳はそれだけでインパクトがあります。

ですから、美容整形の中でも二重手術の人気がダントツなんですね。それに昔の美容整形のように「手術」と言う程の大げささも無く、お手軽に自分の顔の印象を変えられるので「二重手術」に踏み切る方も多いようです。

実際、私の周りでもやったことがある知り合いがいたり、検討中の友達もいたりします。では、二重手術、いったいどうやって行うのでしょうか?これには大きく分けて3つの方法があります。

埋没法

一番簡単にできる二重手術として人気のある方法です。これは医療用の非常に細い糸でまぶたを留めるんですね。そしてその糸を利用して二重のラインを作ります。また、頑固な一重まぶたの方にも向いている方法でもあります。ただ、医療用の糸は非常に細いので、あまりまぶたの脂肪が厚すぎると糸が切れてしまうこともあります。

目自体にメスを入れて形を変えるものではありませんから、もしも出来上がった二重瞼が自分の理想と違った場合には、糸を取れば簡単に元に戻すことが出来ますよ。「自分の理想通りの二重まぶたを作りたい!」と思っておられる方にはこの埋没法はおススメです。

切開法

読んで字のごとく、まぶたを切開する方法です。切開法は余分な脂肪を切除してから縫合する方法です。なので脂肪が多いまぶたの人にもおススメです。と言うのも、切開法では埋没法のように「取れてしまう」という心配が無いからなんですね。また、埋没法で失敗してしまった方が切開法で再度二重手術を受けるというのもよくありますよ。

小切開法

(1)と(2)の方法を組み合わせたものです。埋没法は腫れが少ないですが、糸が切れると元に戻ってしまうリスクがあります。また、切開法では元には戻らないですが、腫れが長引いてしまいます。小切開法では埋没法と切開法とのそれぞれの利点を組み合わせ、腫れを長引かせないようにしているので美容整形ではとても人気がある方法です。

自分のまぶたを「どうやって二重にするか」、これは費用や一重のタイプ、時間などによっても変わってくると思います。まずは、担当者にどういった方法が向いているかしっかりと相談して下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ