Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

適材適所でおしゃれに収納!引き出しを使った収納術

中身が見えるケースを使って収納嵩張る物、書類、こまごました小物・。こういった物を収納する時、引き出し付きの収納用品はとても役立ちますよね。ただ、引き出しを用いた収納方法で気を付ける所は、設置場所と中身のことなんですね。

設置場所としては、リビングや台所などの見えるところ、反対に押し入れやクローゼットなどの見えないところに分けることができます。見える場所なら他のインテリアとのつり合いもありますし、色あい、大きさ、形などのデザイン性を重視します。やはり、一番人目に付くものの一つです。

機能性と兼ね備えた物を選ぶようにしてくださいね。 でも、見えない場所に置くのなら、出し入れが簡単にできること、中身が人目でわかることを意識し、機能性を重視するようにしてください。また、設置場所の高さ、奥行き、幅に合わせる事も大切ですよ。せっかく買ったのに、引き出し部分がきつくて使いにくければあまり使わなくなってしまいます。

購入前に引き出した部分も考えて決めるようにしてください。 他にも、中に収納する物の重量をしっかりと考えて購入するのが、引き出しを用いた収納術のポイントとなります。軽い場合はなにも問題はありませんが、重い物を収納する場合にはしっかりした作りの引き出しを用意しないと壊れてしまったり、中身が傷ついたり、怪我の原因にもなってしまいます。

また、重い物は下の段に入れるようにしましょう。取り出しにくいと思われるかもしれませんが、一番安全です。最後に引き出しに入れる物についてです。濡れたり、汚れたりするようなものを入れる場合は、木製の引き出しは避けて下さいね。

シミやカビの原因になってしまいます。簡単に拭き取れるプラスチック製の引き出しがおススメですよ。 ちなみに、衣類などには木製の引き出しが適しています。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ