Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お酒の飲み方、間違ってない?アルコールの選び方で変わる食欲!

二日酔いの原因お酒好きの人の中には、なかなかダイエットに成功できないと悩んでいる人も多いと言います。

よく聞かれるのが、お酒を飲むと食欲を抑えることができなくなる、または酒席ではつい食べ過ぎてしまうといった声ですが、これはアルコールの作用によるものです。

アルコールには胃液の分泌を活発にする作用があるため、このために空腹感が刺激されて食欲が増進されてしまうのです。特に危ないのが食前酒で、空腹時にアルコールを摂取することでさらに空腹感が増し、食欲を抑える意識など消し飛んでしまうというわけです。

また同じアルコールでも、種類によって食欲は変動します。たとえば炭酸ガスは胃に与える刺激も強いため、炭酸のないお酒よりも食欲を増進させます。

ビールやカクテルが太ると言われるのはこのためで、お酒そのもののカロリーもさることながら、他のお酒よりも食欲が旺盛になってしまうためです。さらに悪いことに、飲酒中に食べたくなるのは脂っこいものや味の濃いものばかりです。

食欲の命ずるままに好きなものを食べていては、太らない方がおかしいと言わざるを得ません。 お酒をどうしてもやめられないけれど、何とか痩せたいという人は、アルコールの量と種類を制限することから始めてみましょう。アルコールの中でも食欲を抑えることのできるものを選んだり、カロリーの低いお酒を飲んでみるだけでも体重に変化があるはずです。

また飲酒中はつい無意識に手が伸びるおつまみですが、これも油分が少ない低カロリーのものを食べるようにすることで、全体の摂取カロリーを抑えることができるでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ