Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

過食を止められる薬はあるのか

過食によるうつ状態精神疾患の一種でもある過食症、この治療はまず「認知行動療法」や「家族療法」などの心理療法で行われる事が多いです。というのも、過食症の原因である過食衝動は心理的要因がキッカケになる事が多いからなんですね。

また、心理的な問題以外でも神経科学的問題もあるとされています。(とりわけ脳内神経伝達物質の一種のセロトニン、これはうつ病が引き起こされる要因にも非常に密接なかかわりがあるとされています。)

過食症が慢性化したり、過食と代償行為を繰り返して行うようになってくると、精神的影響も非常に増してきます。特に「食べてしまった事の罪悪感・代償行為として嘔吐してしまった事への罪悪感」などや「自分で過食をコントロールできない自分に対する自己嫌悪感」など、過食行為が進むにつれ、自分自身への精神的な攻撃も強まってしまいます。

そしてこれが繰り返し行われ、重症化してくると「うつ病」を発症してしまう事も少なくありません。実際、摂食障害による自殺率は拒食症よりも過食症の方が多いのです。過食症がここまで進行したり、慢性化してしまうと心理療法だけで過食衝動を制御する事が難しくなってしまう事があります。

そうした場合には薬物療法がおこなわれます。薬物療法と聞くと精神面に強い影響を及ぼしそうなイメージがありますが、主に使用されている薬は、セロトニンの作用をコントロールする安全性の高い抗うつ剤などが用いられます。

過食症の多くは正しい治療を受けば完治できる可能性が高い疾患ですが、「一応食べられているのだから・・」と何もしないまま放置しておくと危険です。過食と代償行為のサイクルが繰り返し行われ、これらが慢性化してしまうと代謝異常を起こしたり、吐血、嘔吐のコントロールができなくなる・・など、身体に甚大な悪影響を及ぼしてしまうからです。

もし、自分が何をしているのか把握出来ないほどの過食・強い気分の落ち込み・自発的嘔吐などが、一週間のうちに一回以上ある場合、早急に病院に行くようにして下さい。精神科や神経科がある病院が良いですが、それらが無い場合は内科に相談し、紹介状を貰うようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ