Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スキンケアのやり過ぎも乾燥肌の原因に!本当の肌の潤い対策とは?

乾燥肌を外側からケアオイリー肌の人に比べ乾燥肌の人は、空気が乾燥する季節が近づくと痛みやかゆみを感じる事が多いようです。でも、実際のところ、本当に乾燥肌なのでしょうか。もちろん、ケアをしていても乾燥してしまうタイプの方もおられます。

でも、間違ったスキンケアを続けたことが原因で、本来は普通タイプの肌なのに乾燥している可能性も高い方も多いんですよ。

「私は大丈夫。ちゃんとケアをしているから・・」と思っていても、それは本当に肌にとって良いケアでしょうか?過度なスキンケアというのは、反対に肌に乾燥を招いてしまいますよ。

まちがったケアを続けないためにもここで正しい潤い補給の方法をご紹介しますね。乾燥タイプの人に向いている肌ケアは「保水・保湿のためのパック」なんです。なぜパックかと言うと、化粧水を普通に付けても肌の表面に留まってしまい、奥のほうは乾燥したまま・・なんて事があるからなんです。

これでは毎日のケアでも肌は潤いませんよね。だから肌の奥まで浸透させるパックなんです。パックは時間をかけて肌に水分を浸透させます。時間をかけた保水をすることにより、肌の奥深くにまで水分が届くのですね。

本当は毎日行うのが理想です。でも、そんなに時間をかけてられない事も多いですよね。そういった場合は週に2~3回だけでもパック日を作ってみてはどうでしょうか。自分が使っている化粧水を染み込ませて使うことができる紙パックも100円ショップなどでは販売されていますし、ティッシュペーパーを使ってパックするだけでも効果が違いますよ。

髪の毛を乾かしている間だけでもティッシュペーパーパックをしてみて下さい。いつもの化粧水の浸透力が伸びますよ!!そして、その後はしっかり保湿!を忘れないで下さいね。また、会社などではエアコン完備です。冷房や暖房の風が直接あたる位置で過ごす事もありますよね。

そういった環境はなかなか改善しづらいですが、休み時間などにお化粧の上からでもつけられる化粧水などを持参して乾燥防止に努めて下さいね。肌の乾燥はシワの遠因です。(要因と言っても良いぐらいです)自分が出来るケアを見つけてしっかりと肌の潤いを守って下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ