Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

次の日の化粧ノリが違う!乾燥肌向けしっとり石鹸

アトピー性皮膚炎の悩み乾燥肌向けケア商品も多く売られるようになってきましたね。乾燥肌の方でなくても言える事ですが、洗浄力の強いボディソープで体を洗うと肌に必要な油分まで洗い落としてしまいます。

なので、乾燥肌で悩んでいる人は、顔や体を洗う石鹸などはきちんと肌に合っているかチェックするようして下さいね。また、タオルなどでゴシゴシとこすってしまっていませんか?

これもよくありません。石鹸やボディソープでそっとなでるように洗うだけで十分なんですよ。お湯をかけるだけでも十分汚れは落ちるようです。それに石鹸を付けてこすったら、皮膚がドンドン薄くなり、乾燥の原因になるのも分かりますよね。

ゴシゴシこすってスッキリ感を楽しんでいた方、手で優しくなでる洗い方に変えて下さいね。また、乾燥肌の方におススメのものとして、ボディソープのような液状のものではなく、固形の石鹸の方が良いです。

液状のソープは洗う時に便利なんですが、保存料なども沢山含まれており、それらが肌への刺激になる事もあります。ちょっと面倒くさいですが、固形の石鹸で洗って下さい。ただ、固形の石鹸の場合、洗い方も大切です。まず、泡だてネットなどでしっかりと泡立てます。そしてタップリの泡で体を包むように優しく洗います。

中には泡立ちにくいタイプの石鹸もありますので、使用する石鹸の「使い方」をしっかりと読むようにして下さい。また、できれば、石鹸も無添加の物をおススメします。やはり、添加物が多ければ多いほど、どうしても肌への負担が大きくなってしまいます。

添加物の中には肌を刺激し易いものもありますし、肌乾燥の原因にもなってしまいます。「どんな石鹸が良いのか分からない・・」という方は、まず、赤ちゃん用の石鹸から使い始めるのも良いかもしれないです。低刺激・無添加・無着色など、肌の弱い赤ちゃん、でも、新陳代謝の活発な赤ちゃん用の石鹸なら安心だと思います。

また、少々割高にはなりますが、大人用の無添加ボディソープもあります。(私の使った事のあるものは不思議な洗い上がりでした!!)「乾燥肌を何とかしたい!」という方、まずは石鹸選びからスタートして下さい。

ネットの通販などでは「トライアルサイズ」などのミニサイズのお試し石鹸もあるそうなので、それを試してみるのも失敗が少なくていいかもしれませんね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ