Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中耳炎が進行して起こる内耳炎とその合併症

内耳炎に気づいたら内耳炎にも、血行性内耳炎(おたふくかぜやインフルエンザから発症する)・髄膜炎性内耳炎(髄膜炎を起こした延髄や中枢周辺の炎症が内耳に及ぶ)など色々あります。ただ、原因として一番多いのがやはり中耳炎からではないでしょうか。

これを中耳炎性内耳炎と言います。急性中耳炎からの内耳炎の難聴は比較的回復しやすいのですが、慢性疾患やおたふくかぜからの内耳炎は回復しにくいと言われています。さて、内耳とはどのような働きをするのでしょうか?

読んで字のごとし・・で耳の内側と言うイメージですよね。外耳から入った音が鼓膜を振動させ中耳に入り、中耳の中の耳小骨を振動させます。そして、その耳小骨の1つ、「アブミ骨」の底に卵円窓と言うのもがついていて、そこを振動させるんですね。

それから先が内耳です。 内耳は「聴力をつかさどる蝸牛」と「平衡感覚を保つ前庭」という部分に分かれています。耳小骨から伝えられてきた振動は蝸牛内のリンパ液を振動させ、感覚器官を刺激して聴神経に信号を送ります。それが脳への信号となり音を認識します。こんなに小さな器官に本当に綿密な組織が組み込まれているんですね。

そして、外耳から中耳、内耳すべての機能が正常に保たれた状態で私達は音を認識する事ができるんです。この連携のどこか1つに炎症が起こると繋がっている器官に影響が波及するのも理解できます。この中耳の炎症が蝸牛窓、前庭窓を通して内耳に広がっていくのが内耳炎です。蝸牛窓なら聴覚系・前庭窓であれば体の平衡感覚に影響が出るんですね。

真珠腫性中耳炎が進行したり、悪化すると、真珠腫が内耳を囲む堅い骨(耳小骨など)も溶かしていきます。この溶けた骨部分から膿が出て難聴になったり、前庭に炎症が及ぶとめまい・吐き気を引き起こします。

ただ、内耳炎からのめまいと吐き気は一過性のもので治療次第で治ると言われています。反対に問題になってくるのが難聴です。徐々に進行する場合、急激に悪化して突然聞こえなくなったりする場合など、発症の仕方は様々です。めまい、耳だれ、痛み、難聴などこれらの症状を感じたら、すぐに耳鼻科受診をして下さい。

耳鼻科疾患は、他の器官に炎症が発症する事も多いです。そうなると治療にも時間がかかります。早期発見・早期治療を心がけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ