Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メタボの解消の第一歩は負荷の弱いトレーニングから

通常の筋トレ後のアイシングダイエットやメタボの解消が目的で筋トレを行っている方は、筋肉痛を起こすことが多いのではないでしょうか。翌日に筋肉の痛みがあれば、その分、負荷を与えたことになるので、どの部分に筋肉痛があるのか、確認した方がいいでしょう。

たとえば、下半身なら、ふくらはぎや太もものどのあたりが痛いのか、確認する必要があります。太ももを細くしたいのに、ふくらはぎに筋肉の痛みがある時は、負荷を与える部分を変えた方がいいのかも知れません。

逆に、ふくらはぎをスリムにしたいのに、太ももに筋肉の痛みがある場合も考えられます。筋肉痛のある部分だけに負荷を与えたわけではないのですか、筋トレなどの運動量を調節する判断材料になります。

いつも筋肉痛に悩まされていたのでは、思うような筋トレもできませんから、どの程度の負荷が適切かチェックするといいでしょう。まず、筋トレをする時間を調節してみるといいでしょう。少しずつ時間を伸ばしてみて、筋肉に違和感や痛みが起こらなければ、次からもう少し時間を長くすることもできます。

さらに、軽い運動量からスタートして、少しずつハードにすれば、筋肉に急激な負荷を与えないので、疲労や痛みを起こさなくなります。これから筋トレやエクササイズで体を引き締めたいと思っている方は、運動量と運動する時間をコントロールできるようにしておきましょう。

最初から重い負荷を与えると、筋肉の痛みが長引くことがあるので、注意しましょう。まず、どの部分に痛みを感じるのか、適切に判断することが大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ