Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

脳の仕組みを知って無理なく食べ過ぎを防止できる意外な方法

キッチンに青を取り入れると食欲を抑えられる色が心に与える影響は、とても大きいものです。色の効果によって人の心をコントロールすることは十分可能で、カラーセラピーなどがその作用を生かした職業と言えるでしょう。

これは食欲をコントロールする上でも同様で、食欲を抑える色・食欲を増す色というのがあります。そもそも食欲とは、まず視覚を通して発生するものです。目の前に置かれた食べ物を見て「おいしそう」だと感じると、食欲が刺激されます。

逆に目隠しをされた状態では食欲は湧かず、食べてもおいしいと感じません。では、食欲を抑える色、または食欲を増す色にはどのようなものがあるのでしょうか。食欲を抑えるのは、寒色系の色です。たとえば青や紫、黒などの暗い色がそうです。

「青色ダイエット眼鏡」という商品がありますが、これはこの効果を利用した商品で、かけると全てのものが青く見えます。つまり食べ物が青く見えることで、自然と食欲を抑えることができるようです。寒色系の色は人の心を落ち着かせる効果がありますが、これが食欲を抑えることに繋がります。

人は興奮すると食欲が増し、落ち着くと食欲が減退します。つまり心を興奮させる色は食欲を増進させ、心を落ち着かせる色は食欲を減退させるというわけです。 寒色系とは逆に、心を興奮させ、食欲を増進させるのが暖色系の色です。

果物の色を例にとると分かりやすいですが、青い果物が未成熟で食欲を掻き立てないのに対し、赤や黄色の果物は熟しているため食欲を刺激します。このように、寒色系と暖色系の色で食欲に与える影響は正反対です。これを利用して、キッチンやダイニングを寒色系に統一すれば、食欲を抑えることができるはずです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ