Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

気づいたらドカ食いしてしまって後悔を繰り返す過食症

食べたい衝動にかられてしまう自分では何ともないと思っていても、実際には過食症になっている・・という事もあります。

拒食症に比べ、過食症の方が自覚症状は持ち易いとされていますが、「自分が過食症かどうか不安・・」という方は、次のセルフチェックの項目に該当するかどうか確認してみてはどうでしょうか。

  1. 自分で「食べ過ぎてはいけない」と自覚しながらも食事をコントロールできず過食を繰り返している
  2. 体重や体型をキープするために自己誘発的に嘔吐をしている
  3. 体重や体型をキープするため、食べ過ぎをリセットするために下剤や浣腸、利尿剤、痩せ薬などを使用している
  4. 一週間に過食や嘔吐を数回する状態が何ヶ月か継続している
  5. 食事を噛むことをしても、吐き出してしまい、飲み込もうとしない
  6. いつもの自分の標準的な食事量とは比べものにならない量の食品を一気に食べることがある
  7. スタイルが悪い=価値などはないと感じている
  8. 体重や体型をキープするために絶食や過度の運動を行っている
  9. 繰り返しダイエットを行い、ダイエット経験が非常に長い ・・

さて、いかがでしょうか。当然どの項目にも該当しないことが望ましいですが、該当する項目が多いほど過食症に陥っている可能性は高いといえます。特に(1)~(5)の項目は過食症の特徴的症状にもかかわりますので、それらのいずれかに該当したという方は、過食症の疑いがあります。

また、(6)~(9)だけ・・という場合、過食症であると決め付けることはできませんが、過食症に発展するリスクがある「過食症予備軍」的状態であると言えます。

これらのセルフチェックはあくまでもひとつの目安であるので、それに絶対的信頼を置くのはよくありません。自分の摂食状態に少しでも異常を感じるようであれば、それを真剣に受け止め、対策を取るようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ