Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

命にかかわる!?無理なダイエットで起こる摂食障害とその危険性

摂食障害の原因無理なダイエットには危険がつきものです。中でも危険なのが、拒食症と言われる症状です。拒食症は摂食障害の一種で、拒食だけでなく過食も同時に併発する場合があります。

拒食症の原因は無理なダイエットと言われていますが、食欲を無理に抑えることなども原因の1つとして挙げられます。食事の量を少し控える程度なら問題ありませんが、極端に食べる量を減らしたり、全く食べないなどの絶食ダイエットを行うと、拒食症の引き金となる危険があります。

特に絶食は、飢餓状態の中で食欲を無理に抑えることで精神的にも大きな負担となり、精神障害を引き起こす場合もあります。拒食症に陥りやすいのは、どちらかと言えば恵まれた環境にある人で、完ぺき主義者に多いと言われています。

ボディラインを気にする若い女性に多く、一度発症すると完治するまでに何年も苦しむこともあります。拒食症は食生活の異常だけでなく、精神的な問題を誘発することもあり、それによる精神障害や睡眠障害によって日常生活に支障をきたすこともあります。

よく雑誌モデルのようなスリム体型を目指す方がいますが、その憧れのモデルは、ヘアスタイリストや、メイクアップアーティストのカメラマン、スタイリスト等の専門家が作りあげた作品であり、その人本来のイメージとかけ離れた場合がほとんどです。

拒食症になると食事を拒むようにはなりますが、頭の中は食べることでいっぱいです。食べていないわけですから空腹感が強く、湧いてくる食欲を無理やり抑えることで拒食状態を保っていますが、限界に達すると過食衝動に襲われたりします。

過食がある場合、過食後には下剤の使用や嘔吐などで食べた物を排出し、飢餓状態を保とうとします。これを繰り返すと心臓が弱り、突然死を招く恐れもあります。無理なダイエットが心と体にかける負担は大きいものです。ダイエットの際にはリスクを甘く見ず、無理のない減量目標を立てることが大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ