Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食べたい気持ちが人一倍強く止められない

食べたいけど太りたくない過食症の原因は様々あります。もともと精神疾患の一種とされていますが、この過食症は誰にでも起こりうる病気でもあるんですね。症状としては、空腹など体調に関わらず「過食衝動」がコントロールできなくなり、一気に大量の食糧を体に詰め込みます。

それで終われば「むちゃ食い障害」と言われる別の疾患になるのですが、過食症の場合、摂取したものを嘔吐、下剤などによって無理矢理体外に排出しようとする代償行為が伴います。

この過食症の発症年齢は拒食症が10代の思春期に多いのに比べ過食症は20代の女性に見られる割合が高いです。また男女比は1:10と圧倒的に女性の方が高いのも特徴です。そして、拒食症に比べ、過食症の方が発症率も非常に高いのです。(蛇足ですが自殺率も高いのです)では、その原因は何なのでしょうか。代表的なところで以下のようになっています。

(1)強迫観念

「細くならなくてはいけない」という強迫観念にとらわれる反面、食事制限がストレスとなりその反動で過食に走る傾向があります。アスリートやバレリーナ、騎手など厳しい体重制限を強いられるスポーツ選手に多いです。

(2)ストレス

仕事や、家庭内における精神的な葛藤などが原因になる事が多いです。

(3)逃避行動

現実から目をそむける手段として過食を行います。

(4)神経科学的な問題

脳内神経伝達物質の一種に該当するセロトニンの作用によって、過食症を発症するケースもあります。これ以外にも様々な原因がありますが、過食症は拒食症に比べ、比較的自覚症状が出やすいと言われています。

「もしからしたら私も・・」と覚えのある方は一度自分の摂食状況を振り返ってみて下さい。食べる量はともかく、食べた後に「食べてしまった・・」とひどく「食べたことに拘る」ことがあるようでしたら少し注意をする必要があるかもしれません。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ