Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

過食症はどうすれば治るの?痩せたいのに食べ過ぎてしまう

食欲が止まらずリバウンド過食症の治療は拒食症よりも改善の見込みが高いと言われています。というのも、過食症の場合、「自分が摂食障害になっている」という自覚を持ち易い為なんですね。

反対に拒食症の場合、本人の自覚が無い事が多く、「もっともっと・・」と痩せることへの強迫観念にとらわれてしまっている事が多いので、医療の介入が難しいとされています。

ただ、過食症の方がうつ状態への進行が早いというデータもあり、自殺率は拒食症よりも高いのが現状です。では拒食症に比べて改善しやすい過食症、どんな治療方法があるのが大まかにご紹介します。

(1)精神療法
認知行動療法、家族・夫婦療法、集団精神療法、対人関係療法など、本人に合わせた方法で精神面、心理面からの治癒を行います。

(2)栄養リハビリテーション
これは食事のリズム、摂取量など基本的な「規則正しく食事を摂る」という生活習慣を習得することです。食べることが可能な食べ物の種類を増やしたり、代償行為による「慢性的な低栄養状態」の改善、また、非排出型の代償行為とは事なる「負担のかからない範囲の運動」などを行います。

(3)薬物療法
これは精神療法であまり改善が認められない人に対して行う事が多いです。使用する薬物としては「SSRI」が多く、これは抗うつ剤の一種で危険度が低く、強迫や不安感の解消、衝動性などの抑制に効果があります。

また、くり返す過食症と代償行為の為に、身体的にも症状が重く出ていることもあります。電解質異常による不整脈やくり返す嘔吐の為に起こる食道などの炎症、脱水症状・・など、これらの治療も同時進行で行います。

精神的にも身体的にも過食症の影響が深刻化すると外来診察だけでは改善されにくくなってきます。症状が重篤な場合は入院治療が必要にもなります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ