Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

非常時にどんな洋服を準備する?災害時に使う衣類

非常時の携帯服地震災害や自然災害が発生したら、ライフラインが寸断されるので、生活用水や飲料水、電気、ガスを使うことができなくなってしまいます。

ですから、入浴はおろか、着替えすらできなくなります。 特に下着は、着替えの物資が届くまで、ずっと同じものを着ていることになります。

上着はもちろんですが、下着の予備を確保しておく必要があります。地震災害に対応する防災グッズは衣類や下着を多めに準備する必要があります。特に気温が上昇す夏は、着替えが必要になるので、かさばらないTシャツ類を多めに準備するといいでしょう。

防災グッズに準備する時は、圧縮袋に入れておけば、かさばらずに保管することができます。 さらに、冬場の寒さ対策には、低体温症にならないように防寒具が必要になります。ナイロン製のレインコートなどは、頭からすっぽりかぶるタイプですから、風や雨を通さないので、臨時の防寒具としても利用できます。

地震災害は、いつ発生するかわりません。ですから、防災グッズを準備する時は、季節ごとに最低限の用意をする必要があります。寒さを予防する防寒具は、かさばりやすいので、動きやすい薄手の生地を上下で揃えておくと便利です。

フリース生地は、軽くて温かく収納にも便利ですから、おすすめします。 衣類を準備する時は、できるだけコンパクトに収納しましょう。衣類専用の圧縮袋を使えば、かさばらないので、とても便利です。防災グッズにも衣類の圧縮袋を多めに用意しておきましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ